放課後等デイサービス リボン は 支援学級・特別支援学校に在学している、小学校から高校までのお子さんを対象に将来に向けて必要な能力や感覚を養うお手伝いをいたします。

<タブレット・パソコンでの学習>
言葉によるコミュニケーションができないお子さんとの意思疎通を図るため、タブレットを使用しています。また、タブレット端末やパソコンが学校での学習に取り入れられているので、支援学校に在籍するお子さんも同じように使うことができるように必要なお子さんには支援をします。

<工作・絵描き>
ペーパークラフトや粘土細工、段ボール工作など、描く、曲げる、はさみで切る、折るなど手先の感覚を養い、想像力を育みます。

<読書>
毎週一回は、スタッフが絵本の読み聞かせをしています。物語や登場人物の気持ちに触れることで情緒面の安定や認知力の向上を目指します。大人気の絵本作家サトシンさんを3年連続招いて絵本ライブも実施しました。

<音楽>
太鼓(Wii)、ピアノ、AIスピーカーなどを子どもさんが自由に活用することによって、感受性や表現力を向上させ、心の発達を目指します。

<野外活動>
リボンには自然の遊びもたくさんあります。土や水、花に風。自然に触れ、自然の中で思い切り走り、遊ぶ喜びを体験します。庭の畑で育つ作物や虫たちを観察し、収穫を喜びます。公園などの遊びの中で、他の利用者さんや地域の子どもさんと仲良くなるルールや楽しさを学びます。

<ソーシャルスキルトレーニング>
「ABA(応用行動分析)」や「PECS(絵カード交換コミュニケーションシステム)」などの講師を東京や大阪から招いてスタッフ研修を行なったり、県外に出張して研修を受講したりして手法を学び、これらの考え方に基づいて、日々のお子さまへの支援を行っています。これらは自閉症スペクトラムの方に対して考案されたプログラムですが、どんなお子様に対しても分かりやすく安心して過ごすことができるためのプログラムとして、リボンではそれぞれの研修を受講したうえで活用しています。



講演会のお知らせ

放課後等デイサービスリボンでは、スタッフが利用者さんのことをよく理解し、適切に対応できるよう、日々研鑚に努めています。
昨年は、東京からABA(応用行動分析)、大阪からPECS(絵カード交換コミュニケーションシステム)の専門家をお招きして学びました。
今年度も引き続き講師をお招きします。
今回は「認知行動療法の専門家をお招きします。

「発達障害や児童虐待に起因する子どもの問題行動への対処」

・日時:2018年5月27日(日曜日) 14時から
・講師:加藤典子先生(国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター
臨床心理士)
・定員:50名(先着順)
・場所:宮崎国際大学
・お申し込みは、メール miyazaki@mapcan.net
またはFAX(0985-64-9946)へ、お名前、所属、連絡先を明記のうえ、お申し込みください。





子育て・虐待防止メール相談

私たちへの子育てや虐待に関する相談メールはこちらです

発達障害のグレーゾーン

Posted by mapcan at 08:59 2018年04月16日

只今、NHKの朝の情報番組「あさイチ」で、「発達障害のグレーゾーン 」について取り上げられています。
新学期を迎えた親御さんの悩みがビシビシ伝わります。
私たち放課後等デイサービスリボンの果たすべき役割を改めて認識します。
ガンバロー



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。